仙北市角館町 手打ちそば「野の花庵」

       「手打ちそば 野の花庵」
c0214156_17592820.jpg
     「夫婦、二人とも山野草や山菜が好きなので、店名を
     『野の花庵』
としました。」とご主人の藤村義夫さん。


c0214156_182161.jpg仙北市角館は105号線沿いにある、「手打ちそば野の花庵」。
外観も内装も自然木にこだわった、温もりが感じられるお店です。
ドライブ中に気になっていた方も多いのでは?
c0214156_1822843.jpg

実は「初めまして」のご挨拶から始まったのですが、すっかり長居してしまいました。お父さんの、まあるい人柄に、時間が経つのも忘れて話し込んでしまったためです。


ぽかぽか陽気がすっかり遠ざかってしまった4月中旬。
この日、角館も強い風が容赦なく吹きつけていました。
でも、帰る頃には「来てよかった」
そうご主人が思わせてくれたんですけどね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「人生二山」「人生二毛作」
c0214156_1832895.jpg
「退職後は全く違う仕事に打ち込み、
 『人生二山(人生二毛作)』の生き方をしてみたい」

ご退職される以前、そう考えていたそうです。
転勤先の山形で「そば道場」に通った経験を活かし、もともと好きだった山野草や木々をお客さんに見てもらいながら、作った野菜や山菜を味わっていただくー そんなことを考えるとわくわくしたと語ってくれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
c0214156_1842823.jpg私がいただいたのは
「野菜天せいろ
   (¥820)」

これぞ、「野の花庵」と思わせるのは、行者にんにく、ヤブカンゾウの天ぷらです。
「ヤブカンゾウ?」と思った私に、お父さんが資料を見せてくれました。

研究熱心なのでしょう、そのような本がお店に揃えられていました。
そして「おいしい!」
特に行者にんにく。ど素人の私は最初、何の葉っぱ?と思ってしまいましたが(ごめんなさい)、確かににんにくの香りがほわ~んと広がり、感動しながらいただくことができました。

c0214156_1851786.jpgこちらは「山菜とろろ」
5月半ばから6月いっぱいの季節限定メニュー。(今回は私も写真を見せていただいただけです)
県外から角館に観光でいらしたお客さんが2日連続で通ったこともある逸品だそうです。来月、食べない訳にいきませんね!

他にも毎月29日は「肉そばの日」。
通常710円が670円に割引されるそうです。そして当日限定で「そばコロッケ(¥70円)」が販売されます。更に、冬期間限定オリジナルメニュー「だまこそば」は野の花庵・自信の一品。う~ん、待ち遠しい!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「百職商人」
c0214156_1861997.jpg「職人」は工夫して良いものを作るのが仕事だが、その良さを商人に説明しなければならない。
「商人」はその商品に施された工夫や、良さをお客様に説明しなければならない。
そんな両方を兼ねられるそば屋になりたい。
そして「百姓」の「百」をとって
「百職商人」
これが「野の花庵」のご夫婦の造語でありながら、胸に掲げたコンセプト。

自分たちで育てた野菜や採った山菜をメニューに使って、お客さんに説明することを目標にしているそうです。お客さんとの会話も楽しい。そばを味わっていただくほかにも、ここでゆっくり過ごして欲しいともお話してくれました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「おいしいから」という理由だけではなく、
あのご主人に会いに行こう
そんなふうに思っているお客さんも多いはず。
今回、写真を撮り損ねてしまいましたが、お母さんも
気さくで優しい、素敵な方です。
(お二人とも蕎麦打ちができるそうです!)

吹きつけていた、気まぐれな風はおさまり、
やわらかな夕日が空一面を染める頃
とても晴れ晴れとした気持ちで帰路につきました。
とても良い「出会い」を今も実感しています。

                               県南担当 けこさん



c0214156_1859480.gif花まるっ協議会 会員情報

手打ちそば 野の花庵
住所:仙北市角館町上野139-4
Tel/Fax:0187-54-3787
営業時間:11時~14時(そばがなくなり次第終了)
定休日:火曜日と第4月曜日

※近日、花まるっ協議会HPでもご紹介いたします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ところで…
野の花庵のオリジナルメニューといえば「だまこそば」

だまこ…だまこだまこ!?
秋田といえば「きりたんぽ」と思われがちですが、
県内では「だまこもち」も有名。
そんな影ながらも存在感をアピールしているのがこちら、
c0214156_1923957.jpg
だまこもち
「Aたん」
←クリックしてね
ちょっと寂しげに見えるのは、きりたんぽ様への嫉妬なのか、引け目なのか。



嬉しいことがあると、味が染みて茶色くなるらしい!?
ある条件を満たすと、豹変するらしい!?
ゆるキャラかと思いきや、謎は深まるばかりのAたん。
キミがいつも茶色い姿でいられることを願う。

詳しくはAたんブログもチェック!
少しだけ口角上がってます♪
[PR]
by akitagt | 2010-04-23 19:42 | 県南情報
<< やまぶん NHK出演♪ 五城目町に農家レストラン「清流... >>