初体験!の山菜採り

    農家の母さんから教わること
 
 山菜のシーズン。「この晴天を無駄に過ごすわけにはいかないから、山菜採りをしてこよう!」と思い立ちました。
 ただ問題は…山菜採りに関して私はまったくの初心者だということ。「何だぁ、よどぎみ、こういう仕事してるのに山菜採ったことないって?!」というお声が聞こえてきそうな程・・・食べるのは好きですが、採り方や下ごしらえの知識があまりありませんでした。

   ☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆

c0214156_1055568.jpg
 そこで今回は「農家レストラン地張庵」の山内みどりさんのご協力のもと、秋田市雄和、山内さん宅裏の山林を案内していただきました。
c0214156_10554892.jpg 庭には、たくさんの水蕗が。
 塩茹でして、筋を剥くと料理に使えます。
c0214156_10575259.jpg すごい茂みにも、颯爽と歩く山内さん。
c0214156_11161676.jpg 「藤の花なってだね」
 淡い色が、とてもきれい。
c0214156_10583124.jpg 「ひこひこだば、あど伸びでしまった」
c0214156_10591657.jpg 「アザミも、いつもだば、もっと若いうちに採るんだども、せんだっての雨のせいで、ばおばおじぐ(大きく)なってだ。若い葉っぱのどご、刈ってってな。そこだばやっけ(柔らかい)がら」
c0214156_10593839.jpg 生活用水として現在も使用されている山水。山菜の土をほろったりしました。
c0214156_10595731.jpg 「セリ、採ったよ!」山内さんに撮っていただきました。
 ゴマとマヨネーズで和えると美味しいんですって(その晩いただきましたが、写真を撮り忘れ…。でも、香りが強くて美味しかったです)。
c0214156_1102792.jpg 「わがってる人だばそごさ車停めて採ったりしてるんだども、若い人だば興味ねえべ~なんて思ってあった」と、山内さん。
 戦後の食糧難の時は、食べれるものは何でも食べたし、農作業はもちろん山菜採りも子どもが手伝ったものらしいです。
 昔はすべてにおいて不便だったかもしれないけれど、そうして苦労しただけの知識が、体にしみこんでいるのでしょう。

   ☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆

c0214156_111359.jpg こちらは山内さん宅の水田です。
 「わだし、このとおりで(店やとうふ工房の方につきっきり)でしょ、だがら田圃は父さんにまがへでるの」

 家族の協力があってこそ、農家の暮らしは成り立っていくのですね。

c0214156_114569.jpg こんど秋にキノコ採りに挑戦してみようかな。
 親切にご指導いただき、どうもありがとうございました!

 県央担当よどぎみでした。

   ☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆

 ・・・花まるっ協議会 会員情報・・・
農家レストラン「地張庵」
 代  表  山内みどり
 住  所  秋田市雄和石田字中大部30
 電  話  018-886-4655
 営業時間  午前11:30~午後3時
 定 休 日  1~3月までは、毎週水曜日
 料  金  ランチ…¥900
        (夜のお食事ご予約承ります。※5名様以上)
c0214156_1162172.jpg
 グリーン・ツーリズム実践者“想い”にスポットをあてた冊子「moi」でも、山内さんの活動の様子や、それを支える仲間のお仕事ぶりを見ることができます!
[PR]
by akitagt | 2010-06-04 11:12 | 県央情報
<< 花まるっ協議会 ラジオ進出!?... 若者会議in三種 第一回 >>