「農家民宿 開墾の里」で笹巻き作り体験!

c0214156_11434966.jpg
 予告致しておりました通り、6/6(日)「農家民宿 開墾の里」にて、「笹巻き作り体験」が行われました!

   ☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆

c0214156_11355094.jpg 今回作った「笹巻き」は、最近よく見かける一枚の簡素なものではなく、昔ながらの作り方で、二枚の葉を使用したものです。

 作り方を教えていただきました講師は、小友農協の佐々木ナツノさん(写真中央の白い衣服の方。左は農家民宿「開墾の里」鈴木和子さん)。
 前回お邪魔した時、様々な昔の話をしてくれた方です(以前のブログ参照)

      ~笹巻きの作り方~

c0214156_1138356.jpg①米は洗ってすぐにザルに上げ、
 水を切る。
②笹巻きを作る。
 最初、一枚の葉で形を作る。
c0214156_11382544.jpg 裏は、こんな感じ。
 次に、二枚目の葉で一枚目の葉をくるんで米を入れ、形を整える。
 
  ここが大変。


 もぅ、こうなると写真は撮れません。なんせ、両手でしかできないことなのですから…。

c0214156_1139793.jpg みんな真剣。
 習う方も真剣なら、教える方も真剣です。
 何度も何度も同じことを繰り返しながら、根気強く教えてくれていたナツノさん。
 最後の頃は、声が枯れていました…。
 
c0214156_11394184.jpg③なんとか形になった。

 でも若干不安になって、「こんな感じでいいんですか?」と聞くと、「おぁ、大したいぃ。おらも、あだぐらいの歳っこに覚ぇだもんだ。わげうぢ、なーんでも覚えだほ、い」と、ナツノさん。

④ぼんぼんと沸騰した湯で約1時間~1時間半煮る
 茹で上がった後、すぐに食べる場合は水に入れる。
 遠方に送ったりする時などは水に入れず、自然に冷ます。
 長くもたせる時なども同様。1ヵ月程は保存可能だそう。


c0214156_11402717.jpg 「お米一升で約50個の笹巻きが作れます」とはいいつつ、米の分量を均等にするのが大変でした。
 中には、形がいびつなものや、茹でているうちにパンクして米がばらばらになってしまうものも…。
 「紐でぎっしり結えねば、ほどけるや」と、ナツノさんからアドバイス。

c0214156_11405283.jpg みんなで作った笹巻きを囲んでの食事。
 これまでただ何となく食べていた笹巻き。
 こんな手間がかかっていたのですね。

         笹の良い香りに癒やされた、県央担当よどぎみでした。

   ☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆

・・・花まるっ協議会 会員情報・・・
農家民宿「開墾の里」
代表 鈴木 和子
住所 由利本荘市鳥海町
    才の神字上原119-5
電話・FAX 0184-57-2384
料金 1泊2食¥6,000
    1泊朝食付き¥4,000
    素泊まり¥3,000。
    ※全予約制です。
※(収穫・豆腐づくりなどの)体験料は、お問い合わせください。
定員 5名以内(1組のみ)
    ※洗面道具・パジャマはご持参ください。
c0214156_12105838.gif

[PR]
by akitagt | 2010-06-11 12:20 | 県央情報
<< 大潟村の市民農園利用者募集! 大館市田代 札幌の中学生が農業体験! >>