本日 鹿角市中滝ふるさと学舎からTV生中継!(終了)

本日中滝ふるさと学舎からTV生中継!(終了)
c0214156_15244575.jpg
きょう夕方6時10分から放送のNHK秋田「ニュースこまち」は、
協議会会員の鹿角市 中滝ふるさと学舎から生中継です!
カフェや森林セラピーが紹介される予定!
みなさんぜひご覧ください!

写真は、森のカフェこもれびの「八幡平ポーク丼」(スープつき 800円)です♪
これを作ったシェフの奈良さんも出演しますよ!

放送 きょう 
    午後6時10分~ 
    NHK秋田「ニュースこまち」
               
               
                          わたしは現地でその様子を見学しま~す!
                                           県北担当やっつ
[PR]
# by akitagt | 2010-10-22 15:29 | 県北情報

農家民宿 三又長右ェ門オープン☆横手市山内

       農家民宿 三又長右ェ門 オープン!!
c0214156_1820087.jpg
山内地域でも山深い、三又集落。
どこを見渡しても緑が目に飛び込んでくるような、そんな自然が溢れた地域に
農家民宿がオープンしました!!「農家民宿 三又長右ェ門」です。
(右から)オーナー夫婦の高橋登さん、篤子さん。そして麗子おばあちゃん。

c0214156_18314666.jpgホテルとは違って、本当に親戚の家、更には実家にいるような気持ちになる宿。オーナーの温かい雰囲気や自然の恵みを存分に味わって欲しい宿です。


c0214156_1844249.jpgオーナー夫妻のご友人が手作りしたという看板がコチラ。利き手ではない左手で字を書き、彫ったという手の凝りよう。味が出てるのはそのせいですね。

c0214156_1858538.gif
10月20日 お披露目会 開催

c0214156_18582561.jpg「これまでにいぶりがっこや三又営農生産組合など様々な分野に挑戦してきました。また皆さんの後押しもあって農家民宿を開業することができました。宿に来た皆さんと懇親を深め、団らんできるような雰囲気を作っていきたいです。お客さんと一杯交わすのも楽しみです。」と登さん。


c0214156_19102926.jpg篤子さんからも

「かねてから農家民宿をやってみたいと思っていました。皆さんの応援を得ながらこういう形にできたことに感謝しています。その感謝の気持ちで料理を作りました。」とご挨拶。


c0214156_19142614.jpgかぼちゃ入りのおからサラダ、柿なます、数種類の漬け物。他にもいぶりがっこのピリ辛和え、ごま豆腐などなど。


c0214156_19181759.jpg赤飯、納豆汁もおいし~い!「お腹いっぱい」と言いつつ箸が進みます。他にも紹介しきれない料理がいっぱい!!

篤子さんが代表を務める「旬菜グループ」のメンバーの協力で提供された野菜たち。それらをふんだんに使ったお料理に大満足、ごちそうさまでした。


c0214156_19235620.jpgたっくさんのお料理を準備してくれた皆さんです。篤子さんの娘さんたち、近所で旬菜グループのメンバーでもある甲谷節子さん(写真右)


c0214156_19295057.gif
c0214156_19284681.jpg“農業体験をしてみたい”というお客様がいれば、「いぶりがっこ作りの体験」を中心に考えているそうです。秋田の伝統野菜・山内にんじんを手に取ることもあるでしょう。ここでは、山内ならではの体験をお楽しみいただけます。里山散策で美味しい空気を体いっぱいに取り込むことも忘れずに(^^)



c0214156_194029100.jpgこの日、来月の上旬には収穫予定という、いぶりがっこ用の大根を見せてもらいました。ちょっとだけ、顔を覗かせていますね。収穫するその日まで、大きくおいしく育ちますように。

c0214156_19503093.jpg
お披露目会も終わり、一息ついた頃、何気ないお母さんたちの会話の中で、
「今朝の5時、まだ真っ暗で星がキレイに見えてらっけ」なんて篤子さん。

そんな時間から今日のお披露目会の準備をしていたんだね…。

この地・山内を訪れ、この家族との心の交流を楽しんでほしい。
そして一人でも多くの方にほっこり温かい気持ちになってほしい、そう思いました。

横手市第2号の農家民宿の誕生です。

農家民宿 三又長右ェ門
住所:横手市山内三又字上野12
電話・FAX:0182-53-5138
料金:1泊2日 6,000円
   1泊夕食のみ 5,000円
   1泊素泊まり 4,000円
   (飲みものは別途)
収容人数:5名

☆農家民宿 三又長右ェ門に関する記事
~素朴な味わい~いぶりがっこができるまで(秋田花まるっ元気通信 H21.12.25)
いぶりがっこ名人「うめぇ」の一言が聞きたくて※PDF(moi創刊号2010. Spring)
*横手市山内・三又営農生産組合(美の国あきた桃源郷をゆく)
*横手市山内・三又営農生産組合②(美の国あきた桃源郷をゆく)
横手市山内三又がアツい!(秋田花まるっ元気通信 H22.7.30)

                                      県南担当 けこさん
[PR]
# by akitagt | 2010-10-20 17:30 | 県南情報

「あきた体験農園」収穫感謝祭!~サツマイモ・さと芋掘り~

c0214156_1615716.jpg
 耕作放棄地だった土壌を体験農園として再生させた、地域住民参加型の「あきた体験農園(秋田市仁井田)」。
 ここで農業体験をする地域住民の様子などを、この春より度々取材させていただいておりましたが、16日はいよいよこの一年間の収穫を祝う感謝祭となりました。

        ☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆

c0214156_16303920.jpg 前半は、収穫大詰めのサツマイモと里芋掘り体験。参加者は恒例の「エフエム椿台自転車倶楽部(エフエム椿台営農倶楽部?!)」の方々と、その子どもさん。(※「みのり町子ども会」の親子連れも途中から参加しましたが、ほんの僅かな時間で帰ってしまい、残念でした。子どもの心に想い出に残ったでしょうか…)

c0214156_16265443.jpg
 「デカイの掘れたな!」と、代表幹事の黒埼さん。
 「僕にも持たせて~!」とは、2年生になる流星くん。
c0214156_1629345.jpg
 ここは水路も浅く地下水が高い(上がってきやすい)土壌なので、若干の生育への影響が懸念されていましたが、土盛りをしたり雑草を取ったり、その都度皆さんが協力しあったおかげで、このとおり無事収穫することができました。
c0214156_1631206.jpg
 「見てみて!すごいでしょ!」
 何とも嬉しそう。

 このあと流星くんは、歳の近い広太くんと一緒に、畑の中を駆け回って遊んでいました。
 「ホントは、虫とか捕りたかったんだけど…もういないかな?」
c0214156_16343898.jpg
 こちらは、里芋。
 「わっスゲエ!ここも食べるの?」
 「取りたては柔らかいから、親芋も食べられるよ」

        ☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆

 c0214156_16374641.jpg
♪収穫感謝祭♪

 収穫体験のあとは、仁井田堰土地改良区に隣接する仁井田中央会館にて、食育と農産物への感謝をしつつの交流会となりました。
c0214156_16415838.jpg 参加者の女性たちが腕をふるった「きりたんぽ鍋」と、採れたての里芋を使った「さと芋鍋」などが振る舞われました。
 里芋は煮えるまで時間がかかるので、先に「きりたんぽ鍋」が出され、皆さんいい塩梅にお腹がいっぱいになった頃、待望の芋煮が(笑)。
 「腹つえして、何もさえね~」
c0214156_16463618.jpg
 「僕たちも、お手伝いしたよ!」
 きょうの1日で仲良くなった阿部広太くんと明珍流星くん。
 子どもたちも、出逢いの1日でしたね。

 一緒に働いて、一緒に収穫を迎えた仲間たちと同じ鍋を囲む…こういった交流会の中での情報交換って、改めて大切だなぁ~と、実感したひとときでした。

 収穫したサツマイモを分けていただいた 県央地区現地特派員 よどぎみ。
        ☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆…::。。・;゜゜゜;・。。::…☆

★~仁井田体験農園~過去の記事はこちら★
■4/27 「あきた農業体験施設」がオープン
■5/17 「あきた体験農園」~サツマイモ栽培~
■8/3 「あきた体験農園」~ジャガイモ収穫~

詳しくは・・・
 秋田県土地改良事業団体連合会

グリーン・ツーリズム推進協議会HP 美の国秋田 桃源郷をゆく
ツイッターでつぶやき検索
 《twitter》→ハッシュタグ #akita_gt #greentourism
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもお世話になっています…
[PR]
# by akitagt | 2010-10-17 16:53 | 県央情報

秋田の秋を発見しよう!~鳥海高原法体の滝紅葉まつり~

c0214156_1413741.jpg
 朝晩の気温が低くなって来たこの頃、秋田県内各地では紅葉のシーズンが到来です!
 鳥海高原にある「法体の滝」では、10月17日(日)まで「紅葉まつりイベント」が開催されています。
 郷土芸能や歌謡ショー、地元特産品販売はもちろんのこと来場者歓迎抽選会などの多彩なイベントが盛りだくさんです!また、天気が良ければイワナ釣りもできます♪
 明日の予定にお悩みの方、滝と紅葉を楽しみながら秋の1日を過ごしてみてはいかがでしょうか?

c0214156_1572615.jpg
【お問い合わせ】
由利本荘市観光協会鳥海支部(由利本荘市鳥海総合支所産業課内)
 TEL 0184-57-2205
 FAX 0184-57-2076
 E-mail cki-sangyo@city.yurihonjo.akita.jp
c0214156_1581450.jpg
 水辺も、整備されているので楽しめますね♪

 ちょっとキツくて息があがるけれど、この階段を上っていくと、法体の滝が見下ろせる絶景ポイントがあるのです!
c0214156_211448.jpg
 見晴らしが良く、記念写真を撮るならおすすめの展望台です。

                  県央担当よどぎみ。

グリーン・ツーリズム推進協議会HP
美の国秋田 桃源郷をゆく
ツイッターでつぶやき検索(akitagtkenouでつぶいてます!)
 《twitter》→ハッシュタグ #akita_gt #greentourism
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by akitagt | 2010-10-16 18:30 | 県央情報

男鹿・門前の隠れた名所・「強清水(こわしみず)」

c0214156_17552458.jpg
 男鹿市を加茂青砂方面に車を走らせると、門前の「五社堂」を過ぎ間もなく左側にひっそりと、その清水は存在しています。

c0214156_17561276.jpg 男鹿市門前は紀行家・菅江真澄の道ともいわれ、彼の日記「男鹿の秋風」の中にも記述があります。
 「強清水(こわしみず)」は、真澄がおよそ200年前この地を訪れた際「きよき清水あり、こわ清水」と書き示してありますが、現在ではわずかに地元の人に知られているのみ…。
■□■□ 強清水を楽しむ会 □■□■
c0214156_17574351.jpg
 9月28日は、この記念すべき清水の解禁(※水質調査後ではこの日が初公開)を祝うべく、赤神神社で「強清水を楽しむ会」が開催(男鹿市商工会・観光サービス部会企画)。“解禁日”なんて、まるでワインみたいですね(笑)。
c0214156_17581956.jpg
 この水がコーヒー・茶・炊飯などに適している軟水であることから、秋田花まるっグリーン・ツーリズム推進協議会会員でもある「こおひい工房 珈音」の佐藤毅さんが、淹れたてのコーヒーを提供、さっそく味わうことに!
c0214156_1759636.jpg
 佐藤さんによるコントラバス演奏や…
c0214156_1801559.jpg
 安藤兄弟・吉村氏の篠笛となまはげ郷神楽・岩沢氏によるかけあいなども、美味しい水で淹れたコーヒーに花を添えていました。
c0214156_1812351.jpg■□■□ 徐福公園散策 □■□■

 午前中は、男鹿温泉郷・雄山閣代表の山本次夫さんの説明により「五社堂」近くの徐福公園を散策。あいにくの雨でしたが、徐福塚などを見学しました。
c0214156_181507.jpg
 強清水は、「幻の命の水・不老不死の水」とも言われているようです。
 ほんとかどうか、ぜひ皆さん自身で確かめてみてくださいね。

    県央担当よどぎみ。



グリーン・ツーリズム推進協議会HP
美の国秋田 桃源郷をゆく
ツイッターでつぶやき検索(akitagtkenouでつぶいてます!)
 《twitter》→ハッシュタグ #akita_gt #greentourism
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by akitagt | 2010-10-14 18:07 | 県央情報