信仰と文化の交わる山 田代岳

c0214156_19591980.jpg
「夏が半分生まれる」と書く、半夏生(はんげしょう)。
夏至から数えて11日目をいい、半夏という植物が生える季節という意味もあります。
日本各地の農村では、昔から、この日までに農作物の植え付けを終えるという、
農作業のひとつの目安としてきたのだそうです。
半夏生にあたる7月2日、例大祭が行われる田代山神社を目指し田代岳を登りました。

続きはこちら
                                          県北担当やっつ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
協議会HP 美の国秋田桃源郷を行く
ツイッター #akita_gt、#greentourism、#oodateでもつぶやいています。

↓以下に広告が掲載されることがありますが、本文とは関係ありません。
[PR]
by akitagt | 2010-07-26 20:03 | 県北情報
<< 五城目町の番楽①~五城目神明社... 秋田市の風土が育てる果樹園農体... >>