カテゴリ:県北情報( 73 )

能代西高校 ひまわり畑

c0214156_171966.jpg
県立能代西高校のひまわり畑がと~ってもステキです!

c0214156_17203734.jpg
2005年 県の補助事業を受けて始まった6アールのひまわり畑。
現在は高校の総合実習の授業の中で、生徒たちが土寄せ、種まき、除草などから
一般公開終了までの管理をしています。

c0214156_17173933.jpg
ひまわりの種まきが行われたのは6月下旬。
夏休み明けの幼稚園児や小学校の児童たちが遊びに来れるよう
開花をその夏の終わりなるように毎年植えているのだそうです。

c0214156_171849100.jpg高校に申し込みがあるだけで
今年は1000人以上の
子どもたちが来ています。

昨年は700人だそうなので、
年々人気が高まっている様子。
「だからやめられなくって(笑)」
と高校の先生が冗談で
おっしゃるほど、
毎年楽しみにしている
子どもたちが多いのでしょうね。










c0214156_172195.jpg高校に申し込んでから来る
幼稚園などのほかに、
市内の老人福祉施設の
お年寄りたちや親子連れが
お散歩がてら
ひっきりなしに
この見事なひまわり畑を
見にやって来ています。




c0214156_18121988.jpg
ひまわり畑にはこんな迷路が手作りされています。

c0214156_18131719.jpg中はこんな感じ。
ゆっくり歩いても
5分くらいでしょうか。









c0214156_18141510.jpg
迷路の入り口にはこんなのがあって…

c0214156_18145926.jpg中には
こんな木の実や枝を使った
木材加工の作品が。
農業クラブの生徒たちが
作って展示しているそうです。

ひまわり畑を見に来た人に
楽しんでもらいたいという
生徒たちの優しさともてなしの
気持ちが伝わってきます。



c0214156_1721531.jpg
迷路の入り口の看板に書いてある
「あなたのそばにあるしろいはなは なんのたべものになりますか」という
質問の白い花はこれ。さて、なんの花でしょ~か。

c0214156_17364341.jpg今年はこの暑さで
例年よりも開花時期が
短くなっているようです。

すでに満開の見頃は
過ぎているので、
出来るだけ早く
見に来てくださいね。

詳しくは能代西高校まで。
電話 0185-52-3218

お越しの際は
帽子、水など熱中症対策を
お忘れなく!

県北担当 やっつ
[PR]
by akitagt | 2010-09-03 18:44 | 県北情報

北秋田市(旧合川)ほっと・駅かたるべ 料理教室はじめます。

c0214156_2042144.jpg
北秋田市(旧合川)に今年5月オープンした
農家レストラン「ほっと・駅 かたるべ」料理教室をはじめます!
メニューはこの写真のようなごくごく普通の家庭料理の定食。
イタリアンや中華など決してプロの味ではないけど、
間違いなく“ほっと”するおふくろの味をこの機会にぜひ覚えてみませんか?


ほっと・駅 かたるべ きてみるday!
            ***料理の日***

【日付】 毎月 第4土曜日(今月は25日)  
【時間】 10時~12時
【場所】 ほっと・駅 かたるべ (北秋田市川井字鳥屋沢34-1)
【料金】 800円(昼食:定食とコーヒー 付き)


この料理教室は、みなさんが想像するものとはちょっと違います

c0214156_21114265.jpgまず定食のメニューは
その日採れた野菜次第!
決まりはありません。

そして、調理をするのは
かたるべのお母さんたちだけ

参加者は、その様子を
メモ帳片手に見ながら
ちょっとしたコツや工夫を
教わります!


技術ではなく、お母さんたちの美味しさの秘訣を教わる料理教室なんです。
c0214156_21132475.jpg
作ってみたいけどいまいちよく分からない、作ってもうまくいかない…
そういう、ちゃんとした主婦の味を学びたい!って人にはもってこいですね♪
だって、本当に知りたいことって、茹でる前のひと工夫とかあの“かくし味”の正体かも。
ここでは、お母さんたちがこれまでの人生経験の中で培ってきた
「主婦のコツ」を余すとこなく教えちゃいますっ!!!

興味のある方はほっと・駅 かたるべまでご連絡ください。
【申し込み】 ほっと・駅 かたるべ 電話0186-78-2484 
       ※前日までにご連絡ください。定員は10名程度です。

             ***お知らせ***
「ほっと・駅 かたるべ きてみるday!」には、料理の日の他にこんな日があります。
手芸の日 毎月第3水曜 13時~15時 ※要予約 今月は編み物です。 
カレーの日 毎月10日、20日(休日の場合は翌営業日)
麺の日 毎月15日、25日(休日の場合は翌営業日)

お友達を誘ってぜひご参加ください!
                                        県北担当 やっつ

★協議会会員情報★
 ほっと・駅 かたるべ 
  住所 北秋田市川井字鳥屋沢34-1 電話/FAX:0186-78-2484
  定休日 毎週土曜日、日曜日

今日の定食のメニュー…
[PR]
by akitagt | 2010-09-02 22:28 | 県北情報

待ち遠しい食欲の秋 やまぶんほおずき、しらかみカフェ梨

食欲の秋 その①
ほおずき農家のカフェ やまぶん
     今年のほおずき はじまりました。

c0214156_15245286.jpg
上小阿仁村ほおずき農家のカフェ やまぶん
今季収穫されたばかりの食用ほおずきがメニューにではじめました!
こちらは、ほおずきスムージー♪(450円)
夫 浩一郎さんが丹精込めて育てたほおずきをたっぷりと使っています。
ほおずきの自然な甘さと、少しプチプチするほおずきの種がアクセント。
10月までの限定メニューです。
みんな大好き☆ほおずきタルトは今週末からお店に出る予定です。

c0214156_1530776.jpgこちらは、妻 幸子さんが作る
ハバネロとハラペーニョの
ピクルス。レジ横で販売中。

*値段*
ハバネロピクルス700円
ハラペーニョピクルス600円

生のハバネロと
ハラペーニョもあります。


c0214156_15373295.jpg
そのハバネロとハラペーニョを使ったサルサで食べる「エンパナーダ」(350円)。
エンパナーダとは、スペインや南米で食べられているパイ(ミートパイのようなもの)。
やまぶんでは中に「馬肉」を入れてます☆
わたしはこのエンパナーダの生地が大好き。時々むしょうに食べたくなります。
※サルサは2種類のうちどちらか、お好きなほうを。

           ***お知らせ***
やまぶんでは、11月3日(水・祝)「開墾まつり(仮)」を行います。
店主鵜野さん夫婦はいま
条件の良い畑地を自ら手に入れるため近くの耕作放棄地を開墾中。
しかし、長く放置されてきた土地はススキなどが生い茂り、
夫婦二人ではとても追いつかないのが現状です。どなたか力を貸してください。
詳しい内容はまだ未定ですが、ランチを兼ねたものにする予定だとか。
詳細が決まり次第こちらにも掲載しますが、
興味のある方は、やまぶん 鵜野さんまでご連絡ください。

協議会会員情報 ほおずき農家のカフェ やまぶん 電話0186-77-2219


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


食欲の秋 その②

果樹農家のレストラン しらかみカフェ 
      もうすぐ今年の梨でますよ~☆
c0214156_15475696.jpg
八峰町峰浜果樹農家のレストラン しらかみカフェでも
自宅果樹園で梨の収穫が始まりました。まもなくメニューにも登場します!
こちらは梨じゃなくて、ランチセットのチキンソテーです。
ソースのトマトの味がしっかりしているし、お肉はやわらかいし、おなかいっぱいです。
ごはんとスープ、ドリンクがついて1000円。デザートはプラス200円。

c0214156_1719452.jpg店頭には、
もぎたての
「プレコース」(洋ナシ)と
「若光」(和ナシ)。

*値段*
プレコース 150円
若光 170円

お帰りの際はぜひ。



c0214156_15543338.jpg
みなさんお待ちかねの梨のタルト。
もうじき、今年収穫された梨を使ったタルトがメニューに加わります。

           ***お知らせ***
しらかみカフェでは、
9月8日(水)から農繁期のため週替わりのランチメニューを一旦お休みします。
ただし、梨タルトやドリンクのカフェメニューのほか、
カレーなどの軽食はありますのでぜひお越しくださいね。
営業時間も通常通り11時~16時までです。
また、そろそろ収穫体験もできます!ご希望の方はしらかみカフェまでご連絡ください!

協議会会員情報 果樹農家のカフェ しらかみカフェ 電話 0185-76-2079


残暑厳しい今年ですが、きょうから9月。
田んぼの穂も緑から黄金色にうつろってきました。
今年は食事から秋を感じはじめてみませんか。

                                       県北担当 やっつ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
協議会HP 美の国秋田 桃源郷を行く
ツイッター #akita_gt、#kamikoani、#happou でつぶやいています。
[PR]
by akitagt | 2010-09-01 17:25 | 県北情報

毛馬内の盆踊り

c0214156_036338.jpg
うっとりする…うなじ
じゃなくて、踊り。国重要無形民俗文化財 毛馬内の盆踊りです。
きょう 23日(月)まで開催です。お近くの方はぜひ。

日程
午後4時~ 子ども盆踊りコンクール
午後6時30分~ ゲスト出演 鰺ヶ沢甚句
午後7時30分~ 呼び太鼓
午後8時~ 毛馬内盆踊 「大の坂」
                「甚句踊り」
                「毛馬内じょんがら踊り」 

c0214156_0484122.jpg優美な踊りはもちろんのこと、
わたしのおすすめは
「甚句踊り」で披露される歌。
10人ほどの人が
交代で歌うのですが、
これが素晴らしいです。






c0214156_0443170.jpg
詳しくは、毛馬内盆踊り公式HPで。

                                       県北担当 やっつ
[PR]
by akitagt | 2010-08-23 00:51 | 県北情報

2010 盆の風景~阿仁前田獅子踊り、大湯大太鼓、福米沢送り盆~

c0214156_16223134.jpg
記録的な猛暑が続くこの夏。
秋田県内各地でも様々な盆の行事が行われました。

わたしが訪ねたのは、
北秋田市阿仁前田の「阿仁前田獅子踊り」
鹿角市大湯「大湯大太鼓まつり」
男鹿市福米沢「福米沢の送り盆」


県内の豊富な民俗行事のうちのほんの3つですが、
そこに生きる人々の熱い想いに触れることができました。

続きはこちら
                                      
                                      県北担当 やっつ
[PR]
by akitagt | 2010-08-21 16:26 | 県北情報

遊びの達人 かすがさんと行く その①~夏休み編~

学生時代のなが~い夏休みが懐かしい、県北担当のやっつです。
さて、それでもやっぱり夏を満喫したい!ということで、
新コーナー遊びの達人 かすがさんと行くがスタートです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なんでも買えて、どこにでも行けるこの時代。
でも、ふと自分の足元を見れば、遊び道具になる木も葉も土も水もたくさんある。
幼い頃、空を見て一日中ぼーっと過ごしたり、トンボが怖くてなかなか掴めなかった
あの時(今もムリ)を思い出して、「遊び」を再発見するのがテーマです。

c0214156_1521480.jpgご指南いただくのは、
県山本地域振興局 森づくり課の
春日進さん
北秋田市阿仁のご出身の春日さんは、
小さい頃から山で遊ぶ毎日の中で、
たくさんの「遊び方」を身に付けた
いわば「遊びの達人」
「人類が滅んでも生きていける。」と
周囲から絶賛される春日さんの
遊びの知恵と技を学びます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■松橋さんの森
c0214156_1581788.jpg
最初に連れて行ってもらったのは、八峰町八森の山の中。
うっそうと茂った森の中にログハウスが4棟建っています。

c0214156_15223434.jpgこれをたったひとりで創り上げたのが、松橋信夫さん

森が好きで木が好きで、
木をみるとこれは何になるかな~と
ワクワクするという松橋さん。
ログハウスから展望台、靴べらまで
いろんな「木遊び」を楽しんでいます。



c0214156_1523296.jpg
5haはあるという広大な森。ここにおよそ80種類の木が植わっています。
(松橋さんが作った展望台からの眺め)

c0214156_15394724.jpg松橋さんが木を植えだしたのは、
今から20程前のこと。
もともとの松橋家の持ち山に合わせ、
周囲を少し買い足しました。
竹やぶだった場所を切り開き、
コハゼやヤマボウシなど
多種多様の木を植え、
中でもイチョウの木は
800本を超えるといいます。

c0214156_15401629.jpg木が好きで始めた自分だけの森づくり。
しかし、いつしかこの森は
「人のための」森になりました。
「この森は孫のためだろうな。
今年小学2年になるんだ。
それから、
自分ではなかなか山や森に行けない
身体の不自由な人のため。
まだまだ木は小さいけど、
遠くに行かなくても身近なところで
森を感じてもらいたいんだよな。」

今年、松橋さんは森の片隅に2人目の孫の誕生の記念として、アンズの木を植えました。

■八森の夏といえば…
c0214156_15542278.jpg
この日天気がよければ外でバーベキューを!と考えていた、達人 かすがさん。
あいにくの雨でしたが、松橋さんのログハウスの中に大きな囲炉裏があるのを発見!
ここ使っていいよ、の優しい言葉に甘えて、ここでお昼ご飯となりました。

c0214156_15533434.jpg食料は、地元八森の「斉藤食品」という
鮮魚も扱うお惣菜屋さんで調達。
サザエがひとつ100円ほど!
安いでしょ。

隣には食堂もあり、
とっても新鮮で美味しい定食を
頂くことができます。



c0214156_16125254.jpgさすが達人。
炭の火起こしもお手のもの。
早い早い!
強力なバーナーではなく
カンナくずや木くずを使って、
これほど早く火がつくとは。
同行していただいた、
白神森林組合の佐々木さんが
思わず「かすがさん、すげ~。」と
感嘆の声を漏らすありさまです。
あっという間に火が付きました。

c0214156_16135491.jpgそして…夏の八森。
食べるものといったら、これしかない!
岩カキにサザエにホ・タ・テ❤

ごちそうさまです(^^)

(← 岩ガキをむいてくれた
優しい佐々木正光さん。)




■夏の神社で…
今回、昆虫採集、葉っぱで飛行機作りなどの遊びも提案していただいたのですが、
ますます雨は強くなるばかりで…泣く泣く断念。
でもでもでも、雨の中だって遊びはたくさんあります!

c0214156_16291478.jpg
向かったのは、能代市の白岩神社。
それはそれは、この先に本当に神社なんかあるんですか?状態の山奥。
(だって、クマさんに会っちゃったんだもん。)
サバイバルな雰囲気の中到着してわたしが見た光景とは…

c0214156_16302571.jpg!!!!
大の大人が地面に這いつくばって
息をフ~フ~している?!
蟻地獄の主を探しているのです。
「ほら、ぼごぼごある。ぼごぼご。」
達人。
そして
「こんたにあるなが~。」と佐々木さん。
わたしもビックリです。


かすがさんは本当に物知り。そしてアクティブ。山菜採りから素潜りまでされるそうです。
こういう遊びはどうやって覚えたんですか?と尋ねると、こう答えてくれました。
c0214156_16312226.jpg「昔は、高学年の子が低学年の子に
こういうのを教えたんだよ。
いわゆるガキ大将ってやつだよな。
みんなを引き連れて
神社行ったり山行ったり。
そうやって覚えて、
自分が高学年になったら
下の子と一緒に遊ぶべ。
そうするとイジメなんかもないわけよ。
全部に限度が分かるようになるから、
やりすぎるってことがなくなるわけ。今は違うもんな。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この日一日達人に「遊び」を学んで感じたことは、面白がることの大切さでした。
雨になっても、クマが出てきても、そこにある小さなことに興味津津になって見つめる。
そうすると、今まで見えていなかった面白さを発見できるし、
お金をかけなくても、自分次第でどこでだって遊べるし楽しめる!そんな気がします。

次回は、初秋の遊びを堪能したいと思います。
達人、次回もご指南のほどよろしくお願いします!

                                        県北担当 やっつ

産直「ぶりこ」にて…
[PR]
by akitagt | 2010-08-12 17:01 | 県北情報

大館市比内町 独鈷大日神社作占い

c0214156_19361222.jpg
もうもうと湯気のたつ大釜がふたつ。竹に巡らせた注連縄の四隅には御幣が下がる。
熱さに顔をしかめ、大粒の汗を流しながら神主たちが藁を束ねたササラで湯をかき回す。
泡の立ち具合でその年の米の作柄を占う、大館市比内・独鈷大日神社の例大祭。

続きはこちら。
                                          県北担当 やっつ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
協議会HP 美の国秋田桃源郷を行く
ツイッター #akita_gt、#greentourism、#oodate でつぶやいています。
[PR]
by akitagt | 2010-08-03 19:40 | 県北情報

先人の想いを受け継ぐ者たち

        北秋田市阿仁 戸鳥内大野の棚田
c0214156_014289.jpg
カーブを抜けると、開けた視界にいっきに飛び込んでくる。
正面に森吉山をみて空を広く開き、天に向かって階段状に連なる200枚の水田。
北秋田市戸鳥内(ととりない)大野集落の棚田。
人々は先人の志を今も大事に受け継いでいる。

続きは、こちら

                                          県北担当 やっつ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
協議会HP 美の国秋田桃源郷を行く
ツイッター #akita_gt #greentourism #kitaakita でつぶやいてます。

以下に広告が掲載される場合がありますが、本文とは関係ありません。
[PR]
by akitagt | 2010-07-29 00:09 | 県北情報

信仰と文化の交わる山 田代岳

c0214156_19591980.jpg
「夏が半分生まれる」と書く、半夏生(はんげしょう)。
夏至から数えて11日目をいい、半夏という植物が生える季節という意味もあります。
日本各地の農村では、昔から、この日までに農作物の植え付けを終えるという、
農作業のひとつの目安としてきたのだそうです。
半夏生にあたる7月2日、例大祭が行われる田代山神社を目指し田代岳を登りました。

続きはこちら
                                          県北担当やっつ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
協議会HP 美の国秋田桃源郷を行く
ツイッター #akita_gt、#greentourism、#oodateでもつぶやいています。

↓以下に広告が掲載されることがありますが、本文とは関係ありません。
[PR]
by akitagt | 2010-07-26 20:03 | 県北情報

道の駅かづの リニューアルオープン その②

その①でお伝えした鹿角市「あんとらあ直売所」のリニューアル。
直売所代表の米田敦子さんは、
この小さなりんごパイの加工グループ「レディースファーム」の代表でもあります。

c0214156_2111428.jpg直売所に並ぶ加工品の中でも
人気の高いこのりんごパイ。

甘さ控えめで素朴、
いかにも手作りな味と風味に
ファンが多いひと品です。




実は、この手のひらサイズのりんごパイ、
ある大人気ヒット商品の原型なんですっ!

それが…


    黄金スイーツ かづのりんごパイ
         「極~きわみ~」

c0214156_23171529.jpg
直径18cm、重さ600g、ブランデーやシナモンを効かせた大人の仕上がり。
手作りのパイ生地の中に、鹿角産のふじが100%。
甘さを抑えて煮込んだ3玉分のふじが溢れんばかりに入っています。

■黄金スイーツ「極~きわみ~」の誕生
黄金スイーツとは、鹿角市の黄金歴史街道キャンペーンのひとつで、おととし、
㈱十和田八幡平観光物産協会が「全国に誇る黄金スイーツを作りたい」と発案。
市内のお菓子屋さんや米田さんたち加工グループに話をもちかけました。

c0214156_23205321.jpg条件は、
保存料・添加物を一切使わず、
鹿角の食材を活かすこと。

さらにりんごパイには、
「ビックリするくらいたくさんの
りんごが入っていること」

加えられました。



c0214156_14348.jpg「難しかったのはりんごの水分。
生地がすぐにゆるくなっちゃう。
だからって下にスポンジを使うことは
したくなくて。」

代表の米田敦子さん

試行錯誤の末、前日に煮込んで、
一晩きちんと水を切ってから焼き込む
という手順と手間をかけることで
この難問をクリア。

こうして、黄金スイーツ かづのりんごパイ「極~きわみ~」は誕生しました。
c0214156_23153055.jpg



■きっかけは新聞の記事
さてさて、この「極~きわみ~」が、
どうやって全国から注目される大人気ヒット商品となったのか。

c0214156_053594.jpgそのきっかけが、
昨年11月7日の日本経済新聞
「旬のスイーツ」。

“農家の女性が手作り”と題して
掲載されたこの小さな記事が
全国の読者の目にとまり、
注文が殺到!!!

掲載翌日には100通のFAXが
事務所に届きました。
「一日家を空けていて帰ったら
大量の注文で、FAXがパンクしてて。
ビックリしました。」
と米田さん。



結局3日間で1000件の注文が届くほどの大反響となったのです。

c0214156_1026220.jpg注文を受けてから発送まで
1カ月もかかるような忙しさの毎日。
しかも、そこに届いたのは、
クレームと返品。
「自分たちの商品は
全国には通用しないのか。」

そう考えて
落ち込んだ時期もあったそうです。



c0214156_2322629.jpgしかし、そんな彼女たちを支えたのが
お客さんから届く手紙でした。
「りんごの厚みをみて、
主人は何度もすごいね、と言って
喜んでいました。」

「りんごがたくさん入ってて大満足。
家族3人で幸せ!になりました。」

という言葉が、米田さんたちの
疲れを吹き飛ばしていきました。




■信頼のおける大事な仲間たち
c0214156_23244646.jpg
レディースファームのメンバーは、米田さんを含め5人(この日は4人でした)。
みなさん鹿角市花輪平本地区の専業・兼業農家さんです。
発足当時は10人ほどのメンバーがいましたが、
半数が家族の理解が得られずに辞め、1~2年のうちに今の5人になりました。

c0214156_2320580.jpgメンバーのみなさんに
活動をしていて良かったことは?
と尋ねると、
そんなの考えたことなかったけど、
と少し照れながら
「いいリーダーに巡り合えたことが
一番かな。」

「(米田さんに)ついてきて
よかったなーって思うよね。」
との言葉。

それを受け、米田さんも
「みんなそれぞれに力のある人だから、
信頼できる仲間です。」

嬉しそうに答えてくれました。






■注文お待ちしております!
昨年末ほどの忙しさはないものの、今もコンスタントに注文が入るので、
農繁期はお休みしようと思っていた加工所は、この夏も休みなく稼働しています。

c0214156_23241792.jpg「このりんごパイは、
自分にとってもひとつの転期ですね。
この10年間の活動の証だと思って、
自信をもって出しています。」

話す代表の米田敦子さん。





c0214156_23213243.jpg「みんな信頼できる仲間だし、
課題はいろいろとあるけれど、
事業を伸ばしていける仲間がいる。
高齢化でりんご農家から
桃農家にかわる農家も増えてきたので、
今後は北限の桃を使った
スイーツも考えていきたい。」

今後の展望をお話してくださいました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
かづのりんごパイ「極~きわみ~」
注文は、観光物産協会HPから
レディースファーム
電話・FAX 0186-25-2209
(平日10時~18時)
価格 3150円
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


取材に伺った昨年末、米田さんは
「一時的なものじゃなくて、リピーターを増やしたい。」とおっしゃっていました。
半年が過ぎた今、その目標は見事に達成されたようでした。
「農家の女性が農閑期にきちんと副業としてお給料を稼げるような、
そんな雇用を生み出していきたい。」
現実的に地域の未来を見据えたそのまっすぐな姿勢がとても気持ち良く、
鹿角のみなさんの抱える可能性の大きさを感じました。

道の駅かづのにリニューアルした直売所も合わせてよろしくお願いします!

                                県北担当 やっつ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
協議会HP 美の国秋田 桃源郷を行く
ツイッター #akita_gt、#greentourism、#kaduno、#akitaでつぶやいています。

↓以下に広告が表示されることがありますが内容とは関係ありません。
[PR]
by akitagt | 2010-07-26 01:58 | 県北情報